読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マティーズデイ

日々の思うことを少しコミカルに書けたらなと思ってます。

ローストビーフ丼

まず始めに言っておこう。僕は節約をしなければならない。

 

なぜならば、過去の日記でも伝えたように、これから就活を始めるし、先月、免許合宿に行っていて今月の収入もあまり見込めないので、必要経費以外はできるだけ使いたくない。

 

つまり、贅沢は避けなければならない。

 

 

 

それなのに!それなのに!それなのに〜〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:romeo0919:20161111113311j:image

 

そう、タイトルで気づいているかもしれないが、僕はローストビーフ丼を食べてしまった。しかも、和牛ローストビーフ丼。高い方。

 

 

 

 

経緯を話そう。

その日の僕は、衣装の買い出しで原宿に出掛けていた。

 

衣装探しもいいものがたくさん見つかり、少し浮かれていたのかもしれない。

 

ちょうど僕が服屋から出た目の前に、ローストビーフ大野があった。(ローストビーフ丼専門店のお店。)

 

いや、服屋に入る前から、ローストビーフ大野の存在には気づいていた。その時は美味そうだけど、今は節約期間だから諦めようとかそんなことを思っていた。

 

 

服を探しながらも、ローストビーフ丼のことが頭によぎった。

 

僕はローストビーフはたまに食べるけど、ローストビーフ丼は食べたことがなかった。

 

アルバイトの後輩が、以前、レッドロックに並んでまで食べに行ったという話を思い出す。レッドロックとは、こちらもローストビーフ専門のお店。

 

「たくさん並んだんですけど美味しかったんですよ、いやー食べるべきですねあれは」

 

そんなことを言っていた。

 

僕は、魚派か肉派かと聞かれたら迷わず魚派と答えるが、肉が嫌いというわけではなかった。

 

あーいいなーと思ったが、なかなか行く機会が見つからず、行くことはなかった。

 

別の人物で、役者仲間で、食べログっぽいブログを書いている友人も以前、ローストビーフ丼のことを記事にしていた。

 

めちゃめちゃ美味そうな記事で、その時もローストビーフ丼か〜、食べてみたいなとふと思っていた。

 

 

インスタでも、よくローストビーフ丼だったり、ローストビーフ油そばだったりを見かけ、飯テロを喰らっていた。

 

 

そう、僕は色んな友人を介して、ローストビーフ丼に対する憧れを、サブリミナル的に、刷り込まれていた。

 

 

今まで僕はローストビーフ専門店の前に立つことはなかったのだ。

 

 

それが、あーお腹空いたなーと思っていたところに、今まで話題になっていてちょっと気になっていたお店があったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなん行かないわけがないでしょう。

 

 

気づくと、僕は店の中にいた。

 

ローストビーフ丼定食

和牛ローストビーフ丼定食

 

二種類のメニューがあった。

 

店員さんに聞く。

「やっぱり和牛の方は肉が違いますか?」

 

店員さんは和牛の説明をしてくれた。なに産か忘れてしまったけど、めちゃめちゃ魅力的な話だった。そう、まんまと口車に乗せられてしまったのだ。いや、聞いた俺も悪い。そんなんどう考えたって、和牛の方がいい肉に決まっている。わかってて聞いたわ。いや、後押しして欲しかったんだろう。

 

ご飯の量を聞かれる。大盛り無料だそうな。

ここ最近の僕は自分でも驚くくらい少食になっていた。

だから、大盛りにしても食い切れないかもしれないなと思い、中盛りにしてもらった。

 

しばらくしたら、着丼。

 

f:id:romeo0919:20161111131720j:image

 再び同じ写真。

 

おお、来たか。ついに来たかと。ついに俺もローストビーフ丼を食べれるのかと。

 

まずは、スープを飲む。お、美味いぞ。

 

では、いよいよ、ローストビーフの方を食べてみようじゃないか。つっても、俺、魚派だからな〜、ゆーても、そんな大したもんじゃないだろう。そんなことを思いながら、口に運んだ。

 

 

 

 

こ、これは、、美味い!!

想像を絶する美味さだ、、!

 

肉の旨みが!赤みの肉を喰らっている時の特有の肉の旨みが口いっぱいに広がる!

 

このタレ、マヨネーズが更に食欲をそそる。

薬味のワサビをつけると、濃厚な味の中に、さっぱりした味わいもあり、美味い。

 

ご飯がとっても進む。

 

 

僕は店員さんに聞く。

 

「すいません、今から大盛り分をもらえることって可能ですか?」

 

なんとも迷惑な客だろう。

 

だが、あまりにも美味すぎてご飯が進んでしまい、このままではご飯が足りなくなってしまう恐れがあった。

 

申し訳ないと思いつつも、僕は自分に久しぶりに起こる食欲に嬉しくも思い、聞いてしまった。店員さんは快く引き受けてくれて、中盛りから大盛りの差の分を持ってきてくれた。

 

そっから先は、美味い美味いと思いながら、食べていた。

 

 

ローストビーフ丼、美味いぞ!

 

大盛り分は300g。

全部完食させていただきました。

 

 

大変満足であった。

 

今まで牛タンのお店のねぎしや、牛カツのお店などに行っていい値段を払っても、美味しいのだけれど周りが言うほど堪能することができなかった。

しかし、このローストビーフ丼に関しては、満足度が高かった。

 

 

 

 

 

そんなことを思った今日この頃。

 

明日から節約を頑張ろうと心に誓い、店を出る。

もう俺の前に現れてくれるなよ、ローストビーフ大野、、